プレスリリース・お知らせ

沖縄物産専門店「沖縄宝島」有料買物袋収益を環境活動団体へ寄付

当社直営の「沖縄宝島」各店舗では、沖縄県の環境保全活動に寄与するために、2020年7月1日より義務化されましたプラスチック製買物袋の有料化より約1年を経過したことと、当社設立20周年を迎えたことを機に地域貢献の一環といたしまして県内で環境活動を行われております団体様へプラスチック製有料買物袋収益金*①を2021年10月29日(金)寄付致しました。

当社では、運営する沖縄物産専門店「沖縄宝島」にてお客様のご理解とご協力のもと、プラスチック製買物袋の原料となる石油資源節約や温室効果ガスのひとつであるCO2排出量削減という社会的要請に応えるとともに、海洋プラスチックごみによる環境への影響を憂慮し、有料義務化を契機に取り組みをすすめた結果、当社のプラスチック製買物袋の辞退率は約84%*②にのぼり、お客様の環境意識の高まりを実感するところでもあります。

これからも当社は、環境に配慮し貴重な資源を含め持続可能な取り組みとして、県産品の販売流通や生産を通して、SDGsの実現に取り組んでまいります。

【有料レジ袋収益寄付の概要】
対象期間: 2020年7月1日〜2021年9月30日
対象店舗: 沖縄宝島直営6店舗*③
(ぽっぽ町田店、さいたま新都心店、ららぽーと横浜店、名古屋店、あっぷるタウン店、浦添パルコシティ店)
寄付金額: 200,000円
寄付先: NPO法人おきなわグリーンネットワーク
*赤土流出防止のためのグリーンベルト植栽活動及び啓発等の活動

*①:収益金とは、プラスチック製有料買物袋の税抜販売価格より、仕入原価及び物流費用等を差し引いた金額の一部です。
*②:このプラスチック製買物袋の辞退率は、下記対象店舗での辞退率です。
*③:対象店舗は、自社直営にて自社専用有料買物袋を販売管理しております店舗となります。

s-寄付贈呈

s-植栽活動

2021年11月1日|カテゴリー: お知らせ